最近また辛くなってきた…

なんだか辛いことが続いている…


気の持ちようと言われれば、そうなのかも知れないが…

彼女がいなくなって、間も無く一年経つというのが、やはり一番の要因なのは、わかってる。


いつものように彼女とのLINEを見ているが、去年の今頃は、ちょうど体調が日に日に悪くなっていて、メールの文章からも、伝わってくる。

ただ、その当時は、彼女の命が間も無く終わるなんて夢にも思ってないので、彼女の辛そうなメールに、励ましているが、どこかで、なかなか会えないことに苛立ちを感じていた…


なんて酷い彼氏なんだろうか…


もっと彼女の病気に向き合いっていれば良かったと、後悔している…


来週は、彼女が入院する前に最期に会った日がやってくる…


その日のことを、考えるとまた辛くなってしまうな…

11回目の月命日と、最期のデートの日

今日4/8は、11回目となる彼女の月命日。

それと同時に去年彼女とデートをした最期の日でもある…


正直辛い…

あれからもう一年になるのかと、頭の中がぐるぐるしてしまう


最期のデートのとき、もうすでに彼女は、辛そうだった。

ただ自分は、辛そうだなとは思っていたが、まさかそんなにも病気が進行しているなんて思いもよらなかった…

それが最期のデートになるなんて…


ただ、病気の進行のこと、これが最期のデートになることを知っていたら、どうなっていただろうか。

きっと取り乱して正気でいられなかったと思う…


いまは、その日のことを思い出し、彼女は辛いながらも楽しんでくれただろうか?

僕が彼氏で良かったんだろうか?

もっと何かできなかったんだろうかと、答えが出ない疑問が、留めなく出てしまう。

ただ間違いなく言えることは、自分は彼女を愛していたということ…


さっきお墓参りを終え、彼女と最期に食事した店で、いままさにお昼を食べつつ、このブログを書いている。


来月は、もう彼女の一周忌だ…

春のお彼岸

最近、全然書く暇がなく、こんなに日数が過ぎてしまった…


先日、3/24(土)にお墓参りに行ってきた。

春のお彼岸の最終日ということで、なんとかギリギリに行くことができた。


今回も、花を買い、朝一で会いに行く。

彼女のお義母さんにも会い、色々話した。


きっとお義母さん的には、お墓参りにも来てもらえて嬉しかったのだろう、色々話した。

僕もすごく嬉しいし、彼女の知らない部分を聞けるのは、やはり嬉しい。


ただ、その反面、こんなに良いご両親に対して、娘さんを幸せにできなかったことが、辛く。罪悪感がでてしまう。

いくら謝っても、もうどうしようもないのだから…


お墓参りも終わり、桜が咲いていたので、去年残念ながら出来なかった花見を急遽する。

独り言になっていたが、彼女に話しかけて、花見をする。

彼女は、となりにいてくれただろうか?